岩鋳facebookInstagram
鐵器のある暮らしno.8
シチューパンでクリームグラタン

シチューパンでクリームグラタン


凍てつく冬の日には、オーヴンから出したての、ぐつぐつと音を立てるグラタンを食卓で囲みたくなります。そこで今回は、シチューパンひとつで出来るグラタンの提案です。南部鉄器はオーブンにも対応(※レンジには非対応)しているので、耐熱容器のように使うことが出来ます。 具をいろいろと変えてみてもいいですね。温かいお料理をお楽しみください。

◎シチューパンでクリームグラタン(2~3人分)

<材料>

    • 鶏もも肉  1/2枚
    • 玉ねぎ 中玉1/2個
    • 好みのショートパスタ 100g
    • 好みのチーズ 50g
    • 椎茸
    • ベシャメルソース
    • 牛乳 40g
    • バター 40g
    • 薄力粉 400ml

シチューパンでクリームグラタン シチューパンでクリームグラタン シチューパンでクリームグラタン シチューパンでクリームグラタン シチューパンでクリームグラタン シチューパンでクリームグラタン

<作り方>

  1. 鶏もも肉は、出来れば前日に塩をして置いておき、水気をしっかり拭き取ってから一口大に切り分けます。玉ねぎは縦にスライス。
  2. ショートパスタは、普通にパスタとして食べる時ぐらいの濃度の塩水で茹でて、バター(分量外)を絡めておく。
  3. 下準備が整ったら、シチューパンでの調理を始めます。鍋を温め、ベシャメルソースの分量内のバターの内10gくらいを入れて、鶏肉を皮目から焼く。両面に焼き色がついたら、一旦鍋から取り出しておく。
  4. 鍋に玉ねぎを入れ、炒める。しんなりとして甘みが出て来たら、残りのバターを入れ、溶けたところに薄力粉を振り入れ、炒める。全てが馴染んだら、ゆっくりとかき混ぜながら牛乳を少しずつ入れ、ベシャメルソースに仕立てていく。
  5. 牛乳が全て入ってフツフツと煮立ち始めたら、焼いた鶏肉と茹でたショートパスタを加える。
  6. 加えた材料が温まるまで弱火で煮たら、チーズを加えてざっくり混ぜる。更にパルミジャーノのようなハードチーズを削りかけたり、パン粉をのせたりは、お好みで。
  7. 仕上げに、200℃に熱したオーヴンに入れて、15分ほどこんがりとした焼き色がつくまで焼く。
    熱いので取り出す時は気をつけてくださいね。

シチューパンでクリームグラタン

◎この日のメニュー

    • あつあつのクリームグラタン
    • 馴染みのパン屋さんのおいしいバゲット
    • 紅大根と柿とクレソンのサラダ

シチューパンでクリームグラタン シチューパンでクリームグラタン シチューパンでクリームグラタン