岩鋳

急須

急須

思わず手にとってみたくなる形、
ハッと目を引くカラーリング。
南部鉄器の持つ重厚感やあたたかみは変えることなく
現代の暮らしにも取り入れやすく、
使いやすい急須を作りました。
急須の内側にホーロー加工をほどこしてあり、
サビる心配もありません。
あたためてから使うと保温性が高まり、
お茶の旨みが引き出されます。
急須

表情の変化も楽しみのひとつです

急須の表面は南部鉄器特有の風合いが出るように仕上げており、鋳肌がきわだつ重厚な伝統色から、海外で人気の高い赤やブルーをはじめとするカラフルな着色がほどこされています。このため急須は日々使っていくうちに表面の表情が変わり、味わいが出てくるのも楽しみのひとつです。
健康志向の高まりを受けて登場した「新急須」は内側にホーロー加工をほどこさず、鉄瓶と同様に鉄分を摂取できるようにしました。直火にかけることが出来、茶葉を入れれば急須としてそのままテーブルで使えます。小ぶりのため軽く、お年寄りにも使いやすいと評判です。
日本はもとより世界各地の小売店などから、オーダーメイドでの製造依頼も入る急須。これまでに登場したカラーバリエーションは130色を超えています。

急須

急須のサイズは0.75リットルから0.32リットルまでバリエーションがいくつかあります。海外で人気なのは0.65リットルサイズで、ティータイムには2杯、3杯とお茶を楽しむ風習から選ばれているのでしょう。ライフスタイルに合わせてお好みのサイズをお選びください。

急須

蓄熱性の高い鉄製の急須はお茶の旨味をじっくり引き出します。テーブルやお盆の直接置きますと、傷がついたりシミの原因となりますので、必ず急須敷をお使いください。

上へ戻る